日本写真学会誌
Online ISSN : 1884-5932
Print ISSN : 0369-5662
ゼラチンで包括固定化された粒子内包液滴を用いる電気泳動表示素子の試み
大川 祐輔三宅 佳郎柴 史之
著者情報
ジャーナル フリー

2005 年 68 巻 6 号 p. 538-540

詳細
抄録

カラー写真感材の構造に着想を得た, マイクロカプセル様構造をもつ電気泳動表示素子の簡便な作製法を提案する. 本方法は泳動粒子を分散させた絶縁性有機溶媒をゼラチン水溶液中で油滴状に分散した後, そのまま透明電極に塗布・乾燥し, ゼラチンを隔壁兼バインダーとして液滴構造を維持したまま固定化するものである. 試作したセルは電場印加に対して明瞭な光学応答を示した.

著者関連情報
© (社)日本写真学会
前の記事 次の記事
feedback
Top