日本写真学会誌
Online ISSN : 1884-5932
Print ISSN : 0369-5662
カラー銀塩感光材料の技術革新史
第1部 分光増感 (上) 1920年代まで
大石 恭史
著者情報
ジャーナル フリー

2007 年 70 巻 5 号 p. 295-305

詳細
抄録

銀塩感光材料の分光増感技術の歴史を, その大きな流れを方向付けた次の主要な転換点に於ける, 技術革新過程に重点を置いて概観する: 1. 色素増感の発明, 2. 色素の進化-シアニン類の主流化, 3. 科学の役割-シアニン化学の確立, 4. 新合成法創出.

著者関連情報
© (社)日本写真学会
前の記事 次の記事
feedback
Top