順天堂医学
特集 脱毛性疾患の病態と治療
養毛・育毛剤の評価法
-人における新評価法-
服部 道廣
著者情報
ジャーナル フリー

37 巻 (1991-1992) 4 号 p. 595-600

詳細
PDFをダウンロード (982K) 発行機関連絡先
抄録

養毛・育毛剤の人での評価法には様々なものがあるが, 写真判定による評価や, 抜け毛の本数の変化による評価が一般的に用いられている. しかしながら, 前者は写真の撮り方や判定者の主観により大きく左右され, 後者は日々の手入れや, 季節変動により大きく変化するなどの問題点がある. 男性型脱毛の進行にともない, 硬毛の軟毛化に加え, 毛髪の成長期の長さの短縮や成長期毛密度の減少などがある. これらの項目を, 毛髪を抜去することなく測定することができれば, 養毛・育毛剤を定量的に評価する有力な手法となる. ここでは, その具体的な方法につき参考例をあげて解説する.

著者関連情報
© 1992 順天堂医学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top