順天堂医学
Online ISSN : 2188-2134
Print ISSN : 0022-6769
特集 脱毛性疾患の病態と治療
ミノキシジルの発毛効果について
小友 進
著者情報
ジャーナル フリー

1992 年 37 巻 4 号 p. 606-612

詳細
抄録

ミノキシジルは血管拡張作用を有し, その作用は代謝物であるミノキシジルサルフェートのK+チャンネル開放作用にもとづくことが知られている. 一方, ミノキシジルは発毛効果も示し, その効果は臨床試験においても確認されているが, 作用メカニズムに関してはかならずしも完全に解明されているとはいい難い. ミノキシジルの動物実験での発毛効果は, サル・ラット・マウス等において発現し, この効果の一部には, 皮膚血管の拡張による血流増加が関与するものと考えられている. しかし, これ以外に毛包に対する直接作用があることが, in vitroの皮膚細胞や毛包の培養試験から明らかにされてきた. しかも, これにはミノキシジルから毛包スルホトランスフェラーゼによって変換されたミノキシジルサルフェートが関与し, さらに血管拡張作用と同じく, そのK+チャンネル開放作用が重要な役割を果たしていることが示唆されてきている.

著者関連情報
© 1992 順天堂医学会
前の記事 次の記事
feedback
Top