順天堂医学
Online ISSN : 2188-2134
Print ISSN : 0022-6769
ISSN-L : 0022-6769
話題 インフルエンザ
インフルエンザの構造と薬剤耐性
堀 賢
著者情報
ジャーナル フリー

2009 年 55 巻 3 号 p. 236-239

詳細
抄録

インフルエンザは, もっともポピュラーな流行性ウイルス性呼吸器疾患です. この特効薬としてはオセルタミビルやザナミビルなどの抗インフルエンザ薬, およびアマンタジンなどが知られています. しかしながら, 最近の新型インフルエンザに関連した脅威から, これら薬剤についての耐性株の出現の可能性が危惧されるようになりました. 実際にわが国の2008年-2009年シーズンの季節性インフルエンザA型では, オセルタミビル耐性株が流行しました. 本稿ではインフルエンザの構造と感染機序を紹介し, これらの薬剤がどの段階で作用し, どのように耐性化するのかについてそのメカニズムを解説します.

著者関連情報
© 2009 順天堂医学会
前の記事 次の記事
feedback
Top