順天堂医学
Online ISSN : 2188-2134
Print ISSN : 0022-6769
ISSN-L : 0022-6769
症例報告
集学的治療と医療連携により良好な経過を得られた3重複癌 (男性乳癌, 大腸癌, 肺癌) の1例
織畑 剛太郎瀬沼 幸司三浦 弘善島田 聡子児島 邦明吉田 範敏朝蔭 直樹松永 健志鈴木 健司荒川 敦白石 昭彦唐澤 久美子寺井 毅渡辺 純夫
著者情報
ジャーナル フリー

2012 年 58 巻 6 号 p. 518-521

詳細
抄録

順天堂大学で男性乳癌と大腸癌の治療後, 関連施設において経過観察した. 術後6年目に咳嗽を契機に精査し肺癌と診断した. 順天堂大学で, 右肺上葉切除および放射線治療を施行し, 肺扁平上皮癌と診断された. 現在いずれの癌の再発の所見なく, 経過観察中である. 順天堂大学での集学的治療と関連施設との診療連携により, 良好な経過を得られた男性乳癌, 大腸癌, 肺癌の3重複癌の1例を経験したので報告する.

著者関連情報
© 2012 順天堂医学会
前の記事 次の記事
feedback
Top