人工知能学会全国大会論文集
第22回全国大会(2008)
セッションID: 3G1-2
会議情報

問題解決プロセスモデルに基づくソフトウェア設計支援
*藤井 直樹近藤 恵一森田 武史和泉 憲明橋田 浩一山口 高平
著者情報
会議録・要旨集 フリー

詳細
抄録

ソフトウェア開発において、要求仕様文書(自然言語文書)から開発項目(フィーチャー)を適切に抽出する必要がある。本稿では、問題解決プロセスモデルをフィーチャー抽出に適用することを提案し、その有用性と、具体的な手法を述べる。また、抽出支援ツールも紹介する。

著者関連情報
© 2008 社団法人 人工知能学会
前の記事 次の記事
feedback
Top