人工知能学会全国大会論文集
第25回全国大会(2011)
セッションID: 2G3-5in
会議情報

実数値空間上の頻出パターン最大化によるパターン抽出法
*稲場 大樹福井 健一佐藤 一永水崎 純一郎沼尾 正行
著者情報
会議録・要旨集 フリー

詳細
抄録

本研究では、実数値空間上において頻出パターンが最もよく抽出できるように、階層型クラスタリングの結果を基にして適応的にラベル付けを行いパターンを抽出する手法を考案した。本手法の性能評価を行い、さらに、燃料電池の損傷試験データに対して適用し、実データに対しても有効であると示した。

著者関連情報
© 2011 一般社団法人 人工知能学会
前の記事 次の記事
feedback
Top