人工知能学会全国大会論文集
第27回全国大会(2013)
セッションID: 2F1-2
会議情報

視床と扁桃体の機能に着目した不気味の谷発生メカニズムのモデル化の試み
*田和辻 可昌小島 一晃松居 辰則
著者情報
会議録・要旨集 フリー

詳細
抄録

ヒューマンエージェントインタラクションの分野において不気味の谷は重要な課題である.この発生メカニズムを考えるにあたり,人間に酷似したエージェントを人間が観測する際,人間は観測対象から人間としての情報と非人間としての情報を得ているという観点は重要である.本研究では,感情の二重経路,特に人間の情動反応の中枢である扁桃体と視床に着目し,不気味の谷の発生メカニズムに関する人間の情報処理のモデル化を試みる.

著者関連情報
© 2013 一般社団法人 人工知能学会
前の記事 次の記事
feedback
Top