人工知能学会全国大会論文集
第27回全国大会(2013)
セッションID: 2F1-3
会議情報

経時的に変化する効用に基づく エージェント間自動交渉の仲介機構の提案
*原 圭佑伊藤 孝行
著者情報
会議録・要旨集 フリー

詳細
抄録

マルチエージェントの研究分野において複数論点交渉問題が注目されている. 本論文では, 各論点が相互依存関係にある交渉問題に注目する. 既存研究の多くは, 効用を経時的に変化しないものと仮定していたが, 実世界の交渉では, 交渉最中にエージェントの効用は経時的に変化する場合が一般的である. 本論文では, 効用の経時的変化を考慮したメディエータ主導の交渉モデルを提案し,評価実験を行う

著者関連情報
© 2013 一般社団法人 人工知能学会
前の記事 次の記事
feedback
Top