人工知能学会全国大会論文集
第28回全国大会(2014)
セッションID: 2G3-OS-21a-2
会議情報

仕掛けをデザインする試み
*松村 真宏
著者情報
会議録・要旨集 フリー

詳細
抄録

仕掛学は、人の意識や行動を変える「仕掛け」を体系的に扱うための学問領域である。現在は仕掛けの事例を収集し、さまざまな観点から体系化を試みている。最終的には仕掛けの体系化を通して仕掛けへの理解を深めることで、誰もが「仕掛け」をデザインすることが可能になることを目指している。本発表では、筆者が最近取り組んでいる仕掛けをデザインする試みについて述べる。

著者関連情報
© 2014 一般社団法人 人工知能学会
前の記事 次の記事
feedback
Top