人工知能学会全国大会論文集
第28回全国大会(2014)
セッションID: 4E1-4in
会議情報

文節間改行レイアウトを有する日本語リーダーの読み効率評価
*小林 潤平関口 隆新堀 英二川嶋 稔夫
著者情報
会議録・要旨集 フリー

詳細
抄録

日本語文章における視点の停留場所は,文を構成する意味のまとまりに対応しているとの報告がある。現在の日本語リーダーには改行を含むレイアウトが多く採用されているが,改行によって意味的まとまりをもった文字列が分断されている場合が多く,読み効率の低下を招いている可能性がある。そこで本研究では,意味的まとまりのひとつである文節を改行で分断しないようにレイアウトする日本語リーダーを開発し,その効果を検証した。

著者関連情報
© 2014 一般社団法人 人工知能学会
前の記事 次の記事
feedback
Top