人工知能学会全国大会論文集
第31回 (2017)
セッションID: 2J3-OS-16b-3
会議情報

がん放射線治療における人工知能導入促進が及ぼし得る影響について
*後藤 卓美
著者情報
会議録・要旨集 フリー

詳細
抄録

最近がん放射線治療分野においても、人工知能利用を促進することによって治療方法の最適化を図り、かつ自動的に個別の治療計画を作成する研究の開始が公表された。実際にがん患者の治療を行っている臨床現場では、技術の進歩に大いに期待しつつも、同時にその導入がもたらし得る新たなリスクに懸念を感じてもいる。リスクを抑えながら技術発展による利益を最大化していくためには、開発側と臨床側との接点の拡張が不可欠である。

著者関連情報
© 2017 一般社団法人 人工知能学会
前の記事 次の記事
feedback
Top