人工知能学会全国大会論文集
第31回全国大会(2017)
セッションID: 4B1-OS-23a-3
会議情報

流しそうめん@阪大坂による竹林の再価値化
*伊藤 愼介村井 翔北虎 叡人松村 真宏
著者情報
会議録・要旨集 フリー

詳細
抄録

本稿では、大阪大学の待兼山に自生している竹林を阪大坂のブランディングに利用する試みとして行ったイベント「流しそうめん@阪大坂」について報告する。地域住民と一緒に竹林に入って竹の伐採、搬出、加工を行って約30メートルの流しそうめん台を阪大坂に設置し、そこに地元商店街が用意したそうめんを流した。地元商店街と地域住民と阪大生との交流、竹林の維持管理、阪大坂の有効活用が達成され、竹林の再価値化を実現した。

著者関連情報
© 2017 一般社団法人 人工知能学会
前の記事 次の記事
feedback
Top