人工知能学会全国大会論文集
第34回 (2020)
セッションID: 4Rin1-71
会議情報

マルチモーダル感情表現を用いて説得を行う音声対話ロボット
*浅井 沙良品川 政太朗吉野 幸一郎サクティ サクリアニ中村 哲
著者情報
キーワード: 対話ロボット, 感情, 説得
会議録・要旨集 フリー

詳細
抄録

感情表現は、説得において自分の意見を相手に受諾させる手段として効果的であることが知られている。そこで本研究では、感情表現を用いて効果的な説得を行う音声対話ロボットを構築する。多様な文脈において様々な感情表現を適切に用いることができるシステムを構築するため、1つの対話文脈に対して各感情ラベルに対応する応答を付与した対話データベースを構築した。この対話データベースは応答文とその感情音声からなり、効果的にロボット自身の感情を表現することができる。また、ロボット自身の感情を表出するジェスチャーを作成し音声対話で用いた。ユーザに対する説得対話実験では、ロボットが多様なモダリティで感情表現を行うことの有効性が示された。

著者関連情報
© 2020 一般社団法人 人工知能学会
前の記事 次の記事
feedback
Top