人工知能学会全国大会論文集
第35回 (2021)
セッションID: 3J4-GS-6c-04
会議情報

X as a Serviceの開発および運用に向けた深層学習による自然言語処理の検討
*後藤 成晶土屋 英滋水野 祥宏
著者情報
会議録・要旨集 フリー

詳細
抄録

Software as a Serviceに代表されるX as a Serviceは、開発と運用を一体化したDevOps方式を採用する事が多い。DevOpsを採用する目的は、システム運用時におけるユーザー要求の獲得と、システム開発時におけるユーザー要求の反映との繰り返しにより、システムをユーザーが求める姿へ育て上げる事である。本研究では、DevOpsをより高速に実施できるよう、SNS投稿文のような自然言語文章からユーザー要求に関する記述を抽出し、システム開発に反映しやすいSysMLに準拠した表現形式に自動変換する自然言語処理アルゴリズムを検討する。本稿では、自然言語処理タスクの定義、およびBERTによる固有表現抽出タスクを応用した実装、F値69.3%を確認した試行結果について報告する。

著者関連情報
© 2021 一般社団法人 人工知能学会
前の記事 次の記事
feedback
Top