J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

海岸工学論文集
Vol. 50 (2003) P 721-725

記事言語:

http://doi.org/10.2208/proce1989.50.721


本研究では, 貯水部のゲート開放により津波を発生させた実験を行い, 陸上敷地に設置された建屋に津波に伴う漂流物が衝突する場合を想定し, 津波波力, 各種形状漂流物 (横向きと縦向き配置の円柱と角柱, 球) の運動と衝突力との関係, 衝突時の付加質量係数等を検討した. その結果, まず, 砕波を伴う陸上遡上段波の静水面付近の最大波圧は過去の実験結果を上回ることがあり, 波圧算定式を提案した. つぎに, 衝突時の付加質量係数は, 漂流物の形状や運動特性の違いにより異なることがわかった.付加質量係数を取り込み, 各種形状漂流物に適用できる衝突力算定式を提案した.

Copyright © 社団法人 土木学会

記事ツール

この記事を共有