海岸工学論文集
Online ISSN : 1884-8222
Print ISSN : 0916-7897
ISSN-L : 0916-7897
エプロン上のコンテナに作用する津波力と漂流衝突力に関する研究
水谷 法美高木 祐介白石 和睦宮島 正悟富田 孝史
著者情報
ジャーナル フリー

2005 年 52 巻 p. 741-745

詳細
抄録

陸上を遡上する津波によりコンテナに作用する津波力を水理模型実験を行って計測するとともに, 津波によって漂流するコンテナの挙動特性, および漂流コンテナの衝突力の計測を行った. 遡上波の波速は微小振幅長波理論のほぼ2倍で近似でき, 漂流するコンテナの速度も遡上流速と同程度になることが判明した. また, コンテナの衝突力は付加質量に大きく依存し, そのためコンテナの重量よりもコンテナの長さによって変化する. そして, その大きさは運動量と力積の関係をモデル化した関係式によりほぼ近似可能である. さらに, コンテナに作用する津波力は抗力項が支配的であり, 抗力のみで算定可能であることが明らかとなった.

著者関連情報
© 社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top