海岸工学論文集
Online ISSN : 1884-8222
Print ISSN : 0916-7897
ISSN-L : 0916-7897
陸上遡上津波による矩形構造物周辺の洗掘と地盤の応力変動に関する研究
中村 友昭倉光 泰樹水谷 法美
著者情報
ジャーナル フリー

2006 年 53 巻 p. 521-525

詳細
抄録

スマトラ島沖地震に伴う大津波によりインド洋沿岸の国々で陸上構造物の周囲に大規模な洗掘が生じた事例が報告されている. このような津波による洗掘は定常流や周期波による洗掘とその発生機構が異なると推測されることから, 現在までに護岸や円柱を対象に局所洗掘に対する検討がなされてきたが, 陸上遡上津波による陸上構造物周辺の洗掘を検討した研究は極めて少ない. 本論では, 港湾構造物を模した矩形の陸上構造物を取り扱い, 水理模型実験と数値計算により陸上遡上津波による構造物周辺の洗掘を検討した. その結果, 地盤表面の流速だけでなく地盤内部の応力状態も構造物沖側隅角部の洗掘に影響を与えている可能性があることが明らかになった.

著者関連情報
© 社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top