情報システム学会 全国大会論文集
Online ISSN : 2433-9318
第9回全国大会・研究発表大会論文集
セッションID: D2-2
会議情報

D会場 新しい情報システム・アプローチ、ビジネスと情報システム、その他
日本語記述と概念クラス図の双方向変換手法の提案
*中西 勇真熊谷 聡志酒井 孝真金田 重郎
著者情報
会議録・要旨集 フリー

詳細
抄録

著者らは,認知言語学の考え方を取り入れて 「クラス図は英語の認知構造を写し取ったものである」事を指摘し, 日本語記述 から概念クラス図への変換手法を提示した.ただし,著者らの従来手法では,日本語記述から 概念クラス図への一方向性の変換のみを対象としている.しかし変換後の概念クラス図が人手修正されることも多い.この場合,修正された概念クラス図に対応するように日本語記述をメンテナンスできれば,日本語記述と 概念クラス図の対応が正しく保存され,日本語記述から概念クラス図への トレーサビリティが担保される. そこで,本稿では,変換により生成された概念クラス図が修正された場合でも, 日本語記述への逆方向変換が 可能であることを示し,あわせて, 上記変換を支援する支援 ツールの実装結果について報告する.

著者関連情報
© 2013 一般社団法人 情報システム学会
前の記事 次の記事
feedback
Top