建設マネジメント研究論文集
Online ISSN : 1884-8311
ISSN-L : 1884-8311
橋梁におけるライフサイクル期間や割引率がLCCに及ぼす影響
保田 敬一慈道 充小林 潔司
著者情報
ジャーナル フリー

2007 年 14 巻 p. 113-124

詳細
抄録

橋梁の維持管理シナリオを決定することは重要であり, その方法として, LCC最小化モデルにより算出された維持管理シナリオを採用することがよく行われる. LCCを算出する際には, 状態推移確率から求める劣化予測モデル, 設定するライフサイクル期間, 割引率などのパラメータが結果に与える影響は無視できない. 本研究では, 直轄国道の鋼上部工における補修頻度の高い鉄筋コンクリート床版を対象にして, 設定するライフサイクル期間と割引率の違いがLCCに与える影響を維持管理シナリオごとに試算する. これにより, 橋梁のコンクリート床版の維持管理計画を策定する場合, ライフサイクル期間と割引率の設定方法に関する1つの考え方を示す.さらに, 予算制約を考慮した予算シミュレーションを実施することにより, LCCが最小となるような維持管理シナリオを決定するためのマネジメント情報を獲得できることを示す.

著者関連情報
© 社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top