建設マネジメント研究論文集
Online ISSN : 1884-8311
ISSN-L : 1884-8311
品質確保に影響を与えるマネジメント要素に関する一考察
鈴木 信行鈴木 明人高崎 英邦
著者情報
ジャーナル フリー

2008 年 15 巻 p. 131-140

詳細
抄録

土木構造物の建設はプロジェクトといえる。このためプロジェクトマネジメントの考え方を導入し、全体最適化を目指すことが重要といえる。また土木構造物は、仮に要求品質を満たさない場合でも作り直しが困難である。特に、公共工事で提供される公共施設は長期間にわたって納税者である国民に対し、安全と安心を与え、計画された便益を提供し続けなければならないので、それぞれの品質は安定していなければならない。
本研究の目的は、米国プロジェクトマネジメント協会 (PMI) が規定するマネジメント要素から統合マネジメント要素を除いた8つの要素を対象として、品質マネジメントに影響を与えるマネジメント要素を抽出し、品質確保における基本的な考え方を示すことである。さらに、設計や施工の中でどのような原因が基で設計ミスや施工不良が生じたかを見るために、国土交通省が発表した資料にネットワークモデルを適用し解析する。その結果、品質確保において重要な要素は技術者であることが示された。
最後に、国土交通省が採用している総合評価方式の評価項目に、技術者やマネジメント技術の評価にも重点を置くことを提案した。

著者関連情報
© 社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top