建設マネジメント研究論文集
Online ISSN : 1884-8311
ISSN-L : 1884-8311
公共工事へのCM方式導入における留意点に関する研究
永島 慈山本 幸司
著者情報
ジャーナル フリー

2008 年 15 巻 p. 151-158

詳細
抄録

我が国の公共工事においても、発注者・工事請負者の双方が行ってきた様々なマネジメント業務の一部を別の主体が実施する、マネジメント技術活用方式 (CM方式) の試行が実施され、その有効性や本格的な導入の可能性についての検証が行われはじめている。
同方式の活用に際しては、まずそのニーズと期待するメリットを明確にしたうえで、マネジメント業務実施者の業務範囲や義務・責任等を明らかにするとともに、それに対する適切なマネジメント業務費用の算定方法を確立する必要がある。本論文においては、特に同方式の必要性と、今後の導入に向けての留意点について提案した。

著者関連情報
© 社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top