建設マネジメント研究論文集
Online ISSN : 1884-8311
ISSN-L : 1884-8311
受注者アンケートに基づく公共工事のリスク管理に関する考察
松本 直也佐藤 直良木下 誠也田中 良彰石鉢 盛一朗
著者情報
ジャーナル フリー

2008 年 15 巻 p. 181-190

詳細
抄録

公共工事において工事の遅延や費用の増加等につながるリスクを受発注者が適切に管理することは重要なことである。本研究においては、まず、2007年度に国土交通省関東地方整備局で実施した受注者アンケートをもとに、リスク管理に関する現状認識として、(1) 変更請負金額に関する課題、(2) 工事実施に必要な条件整備に関する課題、(3) 協議手続き及び発注者側職員等に関する課題に大別して整理した。その課題整理をもとに、背景にある基本的課題として、(1) リスク管理に関する受発注者の責任分担のあいまいさ、(2) 契約の運用における片務的要素、(3) リスク管理に関する受発注者の体制、について詳細に検討するとともに、現行制度のもとで課題を解決するために行われてきた施策をレビューした上で、制度自体に内在する抜本的問題として (1) 紛争処理、(2) 監督の位置づけ、(3) 予定価格について方向性の示唆も含めた考察を行った。

著者関連情報
© 社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top