建設マネジメント研究論文集
Online ISSN : 1884-8311
ISSN-L : 1884-8311
わが国の地方公共工事における技術調達に関する一考察
渡邊 法美二宮 仁志青山 喜代志野中 正明
著者情報
キーワード: 地方公共工事, 技術調達
ジャーナル フリー

2008 年 15 巻 p. 355-370

詳細
抄録

現在, わが国の公共工事の入札・契約方式に関しては, 指名競争入札制度の下での「安心システム」に代わる新しい執行方式が、各地で検討・実践されている.地方自治体でも, 効率的かつ公正な公共工事執行を実現するため, 簡易な総合評価方式などの新しい方法が, 全国各地で検討・試行・模索されている.その執行体制は地方自治体で千差万別である.このため, 品質確保の方法について, 「旧来の指名競争入札を維持してよいのか」という根本的疑問や, 「総合評価方式を導入すべきか.総合評価方式を導入する場合どのようにすべきか.」という実務の疑問に悩む地方自治体の発注者は少なくないと思われる.本稿は, わが国の地方公共工事における技術調達について考察することを目的とする.まず, 地方における従来の公共工事の特徴を整理し, ある県と市における公共工事技術調達に関する事例研究を実施して, 技術調達における具体的な課題を明らかにした上で, 技術調達の将来の方向性について検討することを試みた.

著者関連情報
© 社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top