建設マネジメント研究論文集
Online ISSN : 1884-8311
ISSN-L : 1884-8311
設計VEにおける高速道路の機能について
安藤 良輔浅見 邦和
著者情報
キーワード: 性能発注, ハコスト
ジャーナル フリー

2002 年 9 巻 p. 29-36

詳細
抄録

わが国では、設計VEの実施結果についての明確な評価基準がないまま、整備効果をPRする成功例だけが、海外の事例とともに、多く紹介されるようになってきている。このままでは、コスト縮減効果を強調するあまり「機能さえ確保すれば、法律上不適格な道路を提案してもよい」と考え、設計VEを推進する方が増える一方、法律上不適格な恐れがあることを口実に設計VEを全面否定し反対姿勢を明確していく方が現してくるのではないかと考える。関係者が設計VEの可能性と限界の両方に対し、正しい認識をもち、道路における設計VEを積極的かつ慎重に展開していくことは、今後の重要なテーマと考える。本文は、高速道路における設計VEの第一ステップである高速道路の機能定義に着目し、筆者らの私見を述べることで、道路における設計VEのあり方の本格的な議論に問題を提起することを目的とする。

著者関連情報
© 社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top