建設マネジメント研究論文集
Online ISSN : 1884-8311
ISSN-L : 1884-8311
社会資本整備に対する住民の満足感の構造
青木 俊明栗原 真行松井 健一
著者情報
ジャーナル フリー

2002 年 9 巻 p. 71-78

詳細
抄録

本稿では共分散構造分析を用いて社会資本整備に対する住民の欲求構造を安全、安心、利便の観点から整理し、その意識構造を考察した。まず、社会資本整備に対する満足感の構成要因をKJ法により整理し、大都市部(東京都田園調布)と農山村部(茨城県真壁町)で社会調査を行った。その結果、地域で満足感が異なることが分かった。また、安全に関する満足感構造は、自然災害に対する安心感と事故・事件に対する安心感を中心に、二地域で類似構造を持つことが分かった。安心と利便に関する満足感構造では地域共通要因と地域別要因に分けられた。地域共有要因には経済環境、教育環境、日常移動、日常サービスが挙げられ、地域別要因には医療環境、衛生環境、福祉環境、余暇施設、高級サービス施設(小売店・飲食店)等が挙げられた。地域共通要因と地域別要因を考察した結果、人間の欲求には常に望まれる欲求と充足状況に応じて発現する欲求があることが示唆された。

著者関連情報
© 社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top