基礎心理学研究
Online ISSN : 2188-7977
Print ISSN : 0287-7651
ISSN-L : 0287-7651
物体検証課題における上位概念共有効果 : 刺激呈示間隔の影響の検討(日本基礎心理学会第22回大会,大会発表要旨)
永井 淳一横澤 一彦
著者情報
ジャーナル フリー

2004 年 22 巻 2 号 p. 214-

詳細
記事の1ページ目
著者関連情報
© 2004 日本基礎心理学会
前の記事 次の記事
feedback
Top