品質
Online ISSN : 2432-1044
Print ISSN : 0386-8230
報文
無向独立グラフに基づく線形回帰モデルにおける弱併合可能条件
黒木 学水関 裕人
著者情報
ジャーナル 認証あり

2011 年 41 巻 2 号 p. 250-259

詳細
抄録

本論文では,興味ある要因系変数Xを含む説明変数集合と品質特性Yを目的変数とした観察データが多変量正規分布に従って生成されていると仮定する.このとき,Xを含む説明変数集合からYへの回帰分析を行う状況を考える.第3の説明変数Sの追加・除去によってXからYへの回帰係数の値が変わらないための条件は併合可能条件と呼ばれ,多くの研究者によって研究されている.本論文では,これらの研究とは異なり,無向独立グラフの理論に基づいて,Sの追加・除去によってXからYへの回帰係数の符号が変わらないための十分条件を与える.この十分条件は,「無向独立グラフにおいてYがXとSを分離するならば,Sの追加・除去によってXの回帰係数の符号は変化しない」と記述できる.

著者関連情報
© 2011 一般社団法人 日本品質管理学会
前の記事 次の記事
feedback
Top