RADIOISOTOPES
Online ISSN : 1884-4111
Print ISSN : 0033-8303
ISSN-L : 0033-8303
総説
テクネチウム-99m供給不足事態における99Mo/99mTcジェネレータの重要性と核医学展望ー核医学専門医の立場から
小須田 茂
著者情報
ジャーナル オープンアクセス

2010 年 59 巻 5 号 p. 329-339

詳細
抄録

99mTc供給不足という厳しい状況で,99mTc標識放射性医薬品を列挙し,その臨床的有用性を述べた。我が国での99mTc製剤の供給と99Mo/99mTcジェネレータ販売実績を経時的に記述した。一体型SPECT/CT装置は2核種同時収集と機能,形態の両方の情報が得られるため,更なる普及が望まれる。パリで開催されたOECD/NEA要旨とトロントで開催された第56回米国核医学会議での記者会見を紹介し,現在の問題点,取り組むべき課題を提示した。埼玉県内で施行されたアンケート調査では,99Moの国産化などが99mTc供給不足の解決策として挙げられた。これに関連して,JMTRでの99Mo国産化計画が現在,進行中であることを紹介した。99mTcの安定供給を確立した上で今後核医学が発展するための課題として,半導体検出器を用いた一体型SPECT/CT装置の開発,新しい放射性医薬品の臨床応用,従来のSPECT検査の再評価などを挙げた。

著者関連情報
© 2010 by Japan Radioisotope Association
前の記事 次の記事
feedback
Top