RADIOISOTOPES
Online ISSN : 1884-4111
Print ISSN : 0033-8303
ISSN-L : 0033-8303
総説
国産化99Mo/99mTcの医療運用に向けての課題
―国産化99Moを用いた放射性医薬品製造における課題―
森川 康昌
著者情報
ジャーナル オープンアクセス

2012 年 61 巻 10 号 p. 523-529

詳細
抄録

2009年に発生した99Moの供給トラブルを契機に,99Mo製造の国産化について種々の検討が進められている。これらの検討は,天然存在比が約24%の98Moあるいは天然存在比が約10%の100Moをターゲットとして中性子放射化法により99Moを製造するものであり,現在使用している,235Uをターゲットとした核分裂法によるものとは異なる。この製造方法は,核不拡散への対応や廃棄物処理の点からは有用な方法であるが,放射性医薬品の製造に適した99mTc溶液を安定に得るには種々の課題がある。本稿では,その課題について触れてみる。

著者関連情報
© 2012 by Japan Radioisotope Association
前の記事
feedback
Top