RADIOISOTOPES
Online ISSN : 1884-4111
Print ISSN : 0033-8303
ISSN-L : 0033-8303
資料
99mTc供給不足終息後のSPECT検査数に関するアンケート調査と99Mo/99mTcジェネレータ運用収支に関するモデル解析
木下 亮小須田 茂小池 克美荒井 孝
著者情報
ジャーナル オープンアクセス

2012 年 61 巻 12 号 p. 613-618

詳細
抄録

99Mo/99mTcジェネレータ供給不足終息後にアンケート調査を行い,検査数減少とその要因を考察した。ジェネレータ不要が25%,99mTc国産化不要が46%と予想を上回った。ジェネレータ使用は標識済み注射薬使用と比較して,1患者あたり,8654円の利益増収をもたらす。緊急検査,利益増加,患者への経済的負担軽減,小児検査にはジェネレータ設置が必須である。99mTcの国産化は重要な課題であり,学術集会,等でその有用性について教育講演を行う必要がある。

著者関連情報
© 2012 by Japan Radioisotope Association
前の記事 次の記事
feedback
Top