RADIOISOTOPES
Online ISSN : 1884-4111
Print ISSN : 0033-8303
ISSN-L : 0033-8303
ミュオン科学
日本のミュオン実験施設;J-PARC MUSE
三宅 康博
著者情報
ジャーナル オープンアクセス

2015 年 64 巻 10 号 p. 639-646

詳細
抄録

ミュオン科学実験施設(MUSE)では,大強度のパルスビームという特徴を生かした実験が展開されている。現在,物質科学,非破壊検査,化学,素粒子原子核物理など,多岐にわたるサイエンスのユーザー実験が行われている崩壊・表面ミュオンビームライン(Dライン)並びに,超低速ミュオンビームを用いたナノサイエンスを展開するUラインが整備されている。また,物質科学専用のSライン,ミュオン基礎物理のためのHラインの建設も一部,始まっている。

著者関連情報
© 2015 by Japan Radioisotope Association
前の記事 次の記事
feedback
Top