RADIOISOTOPES
Online ISSN : 1884-4111
Print ISSN : 0033-8303
ノート
飯舘村除染圃場で試験栽培した水稲の放射性セシウム濃度
伊井 一夫田野井 慶太朗宇野 義雄登 達也廣瀬 農小林 奈通子二瓶 直登小川 唯史田尾 陽一菅野 宗夫西脇 淳子溝口 勝
著者情報
ジャーナル オープンアクセス

2015 年 64 巻 5 号 p. 299-310

詳細
抄録

2011年の原発事故以来,イネの作付制限地域に指定された飯舘村で,2012年に佐須・前田地区で,2013年には佐須・前田・小宮地区で水稲の試験栽培を行った。2012年において,除染の度合いにより土壌の放射性セシウム(134Cs+137Cs)濃度(0~15cm平均)が2000から6000Bq/kgの佐須・前田圃場では,玄米の放射性セシウム濃度は最大でも40Bq/kgであり,除染度合いに応じたセシウム濃度の低減効果が見られた。さらにカリウム(K)施肥による玄米のセシウム濃度の低減効果が確認された。土壌の交換性Kの濃度が高いほど,玄米の放射性セシウム濃度は低くなる傾向があるが,交換性K(K2O換算)が,20mg/100g乾燥土壌以上の区画では10Bq/kgとほぼ一定であった。一方,2013年において土壌の放射性セシウム濃度が除染後も8000Bq/kgを超えた小宮圃場では,玄米の放射性セシウム濃度が100Bq/kgを超えたサンプルが一部で見られた。これらの結果は,飯舘村において,適切な除染,K施肥により,水稲玄米への放射性セシウムを低減させ,基準値(100Bq/kg)を十分にクリアできることを示している。

著者関連情報
© 2015 by Japan Radioisotope Association
前の記事 次の記事
feedback
Top