RADIOISOTOPES
Online ISSN : 1884-4111
Print ISSN : 0033-8303
ISSN-L : 0033-8303
粒子線治療
1 歴史
野田 真永村田 和俊中野 隆史
著者情報
ジャーナル オープンアクセス

2015 年 64 巻 6 号 p. 367-369

詳細
抄録

X線の発見から本年で120年経つが,その間,物理工学面の技術革新により放射線治療は格段の進歩を遂げた。粒子線治療は,速中性子線治療から始まり,現在では陽子線・重粒子線治療が世界で計57施設にて実施されるようになった。この粒子線治療の発展には1940年代以降の粒子線加速器開発技術の進歩が大きく関与している。

著者関連情報
© 2015 by Japan Radioisotope Association
前の記事 次の記事
feedback
Top