RADIOISOTOPES
Online ISSN : 1884-4111
Print ISSN : 0033-8303
ISSN-L : 0033-8303
技術報告
n, γ)法で得られる99Moからの高濃度99mTc溶液の大量製造技術の評価
99mTcの代わりに非放射性Reを用いた基礎的検討—
棚瀬 正和藤崎 三郎太田 朗生椎名 孝行山林 尚道竹内 宣博土谷 邦彦木村 明博鈴木 善貴石田 卓也小林 正明河村 弘
著者情報
ジャーナル オープンアクセス

2016 年 65 巻 5 号 p. 237-245

詳細
抄録

98Mo(n, γ)99Mo反応で生成する99Moから高放射能濃度の99mTc溶液を得る方法として,99Mo/99mTcのアルカリ溶液からの99mTcのMEKによる溶媒抽出,塩基性アルミナカラムによる精製,酸性アルミナカラムによる吸着,溶離により99mTc溶液を製品とする方法を提案した。本研究では,その基礎的検討として,99mTcの放射能として2.5~36.7 TBqに相当する量の非放射性Reを代替元素として用い,Reの酸性アルミナカラムへの吸着及びその溶離特性について調べた。その結果,本試験条件のRe量において,短時間の操作時間で高い回収率を示し,JMTRで生成する15 TBq規模での高濃度99mTcの製造でも,酸性アルミナカラムは十分適用可能であることが明らかになった。

著者関連情報
© 2016 公益社団法人日本アイソトープ協会
前の記事
feedback
Top