RADIOISOTOPES
Online ISSN : 1884-4111
Print ISSN : 0033-8303
原著
東京大学駒場1キャンパスにおける福島第一原発事故由来の放射性ヨウ素の動態
滝澤 勉野川 憲夫小豆川 勝見
著者情報
ジャーナル オープンアクセス

2018 年 67 巻 1 号 p. 1-10

詳細
抄録

東京電力福島第一原子力発電所からの環境中へ放出された放射性ヨウ素(131I)について,2011年3月以降における東京大学駒場1キャンパス内の到達時期,及び沈着後の動態を評価した。RI実験施設からの排気モニタで評価された3月15日から16日の排気に含まれる単位体積あたりの放射能の変動は5.2 km離れたモニタリングポストのデータから得られた挙動とよく一致し,放射性物質の到達時期の考察に有効であることを示した。同キャンパス内の3月22日及び23日の水たまりに含まれた131Iは2,830 Bq/kgから11,100 Bq/kgであり,21日の降水にはこれ以上の濃度が含まれていたと想定される。

著者関連情報
© 2018 公益社団法人日本アイソトープ協会
次の記事
feedback
Top