RADIOISOTOPES
Online ISSN : 1884-4111
Print ISSN : 0033-8303
ISSN-L : 0033-8303
重元素・超重元素の科学(原子核物理)
超重元素の核的性質(理論)—超重核の安定の島—
小浦 寛之
著者情報
ジャーナル オープンアクセス

2018 年 67 巻 6 号 p. 267-275

詳細
抄録

超重核領域における原子核の核構造,崩壊様式の理論について概説をし,いわゆる「超重核の安定の島」の理論的予測について筆者が行った研究結果を中心に紹介する。この領域にはα崩壊,β崩壊,自発核分裂といった様々な崩壊様式が混在し,その競合により各原子核の寿命(安定性)が定まる。筆者らの研究により,陽子の数が114, 中性子の数が184の閉殻性により生じる安定の島において,294Ds(原子番号110)がおよそ300年の半減期のα崩壊優勢核種という理論予測が得られている。

著者関連情報
© 2018 公益社団法人日本アイソトープ協会
前の記事 次の記事
feedback
Top