RADIOISOTOPES
Online ISSN : 1884-4111
Print ISSN : 0033-8303
ISSN-L : 0033-8303
3章 【放射線化学】放射線化学におけるHIMAC施設
3.2.2 重粒子照射によるスクロールとL-アラニンラジカルのEPR測定と解析
中川 公一
著者情報
ジャーナル オープンアクセス

2019 年 68 巻 4 号 p. 239-245

詳細
抄録

電子常磁性共鳴(EPR)法を用いてスクロースの重粒子イオンやX線照射で生成するラジカル収量のLET依存性,線量依存性等の測定から,その線量計としての潜在的な適用性をアラニンと比較し検討した。He, C, Si, Neなどの重粒子イオンをスクロースに照射した場合も,X線照射同様,微細構造を有しほぼ7 mTに広がる安定なフリーラジカルの生成が観測された。単位線量あたりラジカル収量は重粒子の照射量の増加に比例して増大するが,LETの増加に対し減少する。同じLETでも軽イオン照射の方が収量は低い。また,2次元EPRイメージングを試みた。空間分解能は0.37 mm程度で,ブラッグピーク領域を検出することができた。

著者関連情報
© 2019 公益社団法人日本アイソトープ協会
前の記事 次の記事
feedback
Top