RADIOISOTOPES
Online ISSN : 1884-4111
Print ISSN : 0033-8303
ISSN-L : 0033-8303
TRT・TATの更なる活性化に向けて
TRT・TATへの期待—基礎研究・開発研究の観点から—
李 惠子長谷川 純崇
著者情報
ジャーナル オープンアクセス

2020 年 69 巻 6 号 p. 207-212

詳細
抄録

標的アイソトープ治療(TRT)は細胞殺傷性の粒子放射線を放出するラジオアイソトープ(RI)を用いた治療で,癌治療の選択肢の一つとして確立している。ヨウ素131が甲状腺疾患の治療に用いられて以来,TRTは長い歴史を持つ治療法である。ヨウ素131やイットリウム90のようなβ線放出核種が主にTRTで使われてきた。放射化学や加速器工学の最近の進歩により,標的α線治療(TAT)が癌治療の選択肢として注目を集めている。α線はβ線と比較して高い細胞殺傷能を有する。また,α線は短い飛程である。この性質により,標的細胞にα線が送達された場合,周囲組織を正常に保ちながら標的細胞だけを殺傷することが出来る。TATの開発研究は盛んになりつつある。

著者関連情報
© 2020 公益社団法人日本アイソトープ協会
前の記事 次の記事
feedback
Top