RADIOISOTOPES
Online ISSN : 1884-4111
Print ISSN : 0033-8303
ISSN-L : 0033-8303
技術報告
高線量率密封小線源の測定における線源補正係数ksourceの算出 —60Co線源及び192Ir新型線源への適用—
三家本 隆宏黒澤 忠弘加藤 昌弘石井 隼也脇谷 雄一郎
著者情報
ジャーナル オープンアクセス

2021 年 70 巻 5 号 p. 329-334

詳細
抄録

井戸形電離箱を用いた基準空気カーマ率測定では,線源型式の違いによるレスポンス差異の補正が必要となる場合がある。本研究では,2種類の井戸形電離箱を用いて60Co線源及び新型の192Ir線源のレスポンスを補正するための線源補正係数ksourceを算出した。2019年に報告した線源形状補正係数ksgは不確かさを更新し,名称を線源補正係数ksourceとして改めた。この補正係数により,井戸形電離箱校正サービスの対象拡大が期待できる。

著者関連情報
© 2021 公益社団法人日本アイソトープ協会
前の記事
feedback
Top