RADIOISOTOPES
Online ISSN : 1884-4111
Print ISSN : 0033-8303
ISSN-L : 0033-8303
資料
診療用放射線照射装置使用室(RALS室)に併設された診療用CTエックス線撮影装置の単独使用に関するアンケート報告
小島 徹 髙橋 健夫遠山 尚紀川守田 龍小高 喜久雄新保 宗史谷 正司友田 達伸島田 秀樹大栗 隆行生島 仁史細野 眞
著者情報
ジャーナル オープンアクセス

2022 年 71 巻 3 号 p. 225-232

詳細
抄録

本邦の高線量率密封小線源治療は施設当たりの症例数が少ないため,診療用放射線照射装置使用室(RALS室)に専用のCT装置(RALS室CT)の導入が困難なことが,IGBT普及の足枷となっている。しかしながら,RALS室に設置した放射線機器の使用は,医療法で許認可された治療目的である,高線量率密封小線源治療に必要な画像取得の用途に限定されている。そこで,RALS室CTの有効活用を目的に,アンケート調査を行った。RALS室CTは使用時間や日数が少ないため,外部照射の治療計画に用いるCT撮影などへの活用の要望が多かった。IGBTのいっそうの普及には,RALS室CTを許認可された治療目的以外に単独使用できることが一助となる。

著者関連情報
© Japan Radioisotope Association 2022. This is an open access article distributed under the Creative Commons Attribution 4.0 International (CC BY 4.0) License (https://creativecommons.org/licenses/by/4.0/)
前の記事 次の記事
feedback
Top