RADIOISOTOPES
Online ISSN : 1884-4111
Print ISSN : 0033-8303
ISSN-L : 0033-8303
連載講座
(6)放射線照射食品の健全性
古田 雅一
著者情報
ジャーナル オープンアクセス

2022 年 71 巻 3 号 p. 195-210

詳細
抄録

放射線照射食品健全性についての考え方と欧米やわが国の長年に渡る健全性評価の先行研究について解説した。特に放射線照射により食品中の脂質から特異的に生成する2-アルキルシクロブタノン類(2-alkylcyclobutanones; 2-ACBs)の毒性試験に関して,最近のわが国で実施された研究成果を欧米の先行研究と対比して解説した。わが国の研究では,欧米の先行研究の試験条件を参考にし,より厳しい投与条件を用いて試験を行った。国際的なガイドラインに従って実施した遺伝毒性のバッテリー試験の結果はすべて陰性であった。一方で発がんプロモーション活性については,培養細胞を用いたスクリーニング試験において,2-ドデシルシクロブタノン(2-dodecylcyclobutanone; 2-dDCB)及び2-テトラデシルシクロブタノン(2-tetradecylcyclobutanone; 2-tDCB)はともに陽性を示したが,実験動物を用いたさらに高度な試験においてはすべて陰性であった。以上のことから,2-ACBsの毒性学的懸念は否定され,これまで国際機関が示してきた照射食品の安全性に関する見解を覆すような新たな知見は得られなかったと結論できる。

著者関連情報
© Japan Radioisotope Association 2022. This is an open access article distributed under the Creative Commons Attribution 4.0 International (CC BY 4.0) License (https://creativecommons.org/licenses/by/4.0/)
前の記事 次の記事
feedback
Top