RADIOISOTOPES
Online ISSN : 1884-4111
Print ISSN : 0033-8303
ISSN-L : 0033-8303
レジンストリップによる不飽和血清鉄結合能の測定法
斉藤 宏
著者情報
ジャーナル フリー

1970 年 19 巻 4 号 p. 179-183

詳細
抄録

放射性鉄を用いて不飽和血清鉄結合能UIBCを測定する方法を簡便化するため, アンバーライト正RA 400レジンストリップを用いたところ, UIBCをきわめて簡単な操作で測定することができた。このさい血清0.5mlには放射性クエン酸鉄アンモニウムとして鉄2.5μg含有液0.5mlとレジンストリップ1枚を, もし血清1.0mlには鉄液1.0ml, レジンストリップ2枚を用い, ともに室温60分間攪拝して鉄イオンを除去すればよい。これ以上の時間をかけてもさしつかえない。結果はMgCO3粉末やレジンビーズによる値と非常に良く一致し, 直線的相関を示した。本法ではUIBCの低い血清でも十分鉄イオンを除きえた。ヘパリンの影響もなかった。測定直前にレジンストリップを取り去ればよいのでピペット操作は大幅に省かれ, 前カウント不要, 遠心も不要である。またバッファーも不要である。

著者関連情報
© 社団法人 日本アイソトープ協会
次の記事
feedback
Top