RADIOISOTOPES
Online ISSN : 1884-4111
Print ISSN : 0033-8303
ISSN-L : 0033-8303
コンバージェントホールコリメーターの利用法―コリメーターの焦点に点状ガンマ線源またはX線管球の焦点を置き, シンチレーションイメージの位置を定める方法―
斎藤 宏田宮 正
著者情報
ジャーナル フリー

1972 年 21 巻 6 号 p. 338-341

詳細
抄録

ガンマ線点線源と1261孔, 53cm焦点, コンパージェントホールコリメーターを用いてトランスミッションシンチフォトをとった。さらに, 焦点―シンチレーター間距離と, X線管球―フィルム間距離とを等しくしてとったシンチレーションイメージとX線写真とは同一拡大率を有し, 両像を重ね合わせることができた。
もし, シンチレーションイメージとX線写真との記録にさいして, 同一ジオメトリーを再現する装置を用いれば両像を同一X線フィルム上に重複撮影することができる。
本法により, とくにX線写真と組み合わせればシンチレーションイメージの位置が容易に決定できる。本法は診断のみならず治療にも役立つと思う。

著者関連情報
© 社団法人 日本アイソトープ協会
前の記事 次の記事
feedback
Top