RADIOISOTOPES
Online ISSN : 1884-4111
Print ISSN : 0033-8303
ISSN-L : 0033-8303
肝SPECTイメージのSOL検出能
―ROC曲線の構造解析―
松本 徹飯沼 武石川 達雄舘野 之男小坂 昇岡田 吉隆牧田 幸三西川 潤一町田 喜久雄飯尾 正宏瀬戸 一彦宇野 公一内山 暁森 豊川上 憲司高木 八重子久保 敦司秋山 芳久油井 信春中島 哲夫村田 啓日下部 きよ子小山田 日吉丸
著者情報
ジャーナル フリー

1985 年 34 巻 9 号 p. 486-492

詳細
抄録

肝SPECT (single photon emission computed tomography, 単一光子放射形コンピュータ断層撮影法) イメージのSOL (space occupying lesion, 占拠性病変) 検出能を客観的, 定量的に評価するため, SOL診断のしやすさの程度が異なる症例群を対象として, まずplanar scintigram (PS) 単独で, 次にPSにSPECTを追加してSOLの読影診断を行ったとき (PS+SPECT) の有病正診率 (true positive, TP) と無病誤診率 (false positive, FP) を計算した。また, 診断のしやすさの関数としての受信者動作特性曲線 (receiver operating characteristic curve, ROC曲線) を推定し, その構造を解析した。その結果, SPECTはPS単独でSOLがあるかないか判断がつきかねるときにFPを下げ, TPを向上させる効果が大きいこと, PSでSOLのないことがかなり強く確信されたときはSPECT情報を過大評価するとFPが増えること, SPECTはSOLが左葉にある症例では見逃す傾向があること等を明らかにした。これよりSPECTを効果的に利用するための読影基準についていくつかの提案を行った。

著者関連情報
© 社団法人 日本アイソトープ協会
前の記事 次の記事
feedback
Top