RADIOISOTOPES
Online ISSN : 1884-4111
Print ISSN : 0033-8303
ISSN-L : 0033-8303
外挿電離箱を用いたβ線電離箱の評価
原沢 進佐々木 確
著者情報
ジャーナル フリー

1992 年 41 巻 3 号 p. 140-147

詳細
抄録

線量当量H70μmに対応する目的で試作されたA, B型2種類のβ線電離箱について, 線源との距離に対する感度依存性を評価した。評価に用いた線源の線量当量率は, 組織等価外挿電離箱の測定値に空間線量分布の補正を行った値が用いられた。その結果, 50mmから120mmの範囲で感度の基準値に対する偏差は, A型電離箱は90Sr-90Yから14Cにいたる7核種に対して, また, B型電離箱では14Cを除く6核種に対して, ±50%以内に入っており, 線量当量H70μm測定の目的に充分対応できる特性を備えていることが分かった。

著者関連情報
© 社団法人 日本アイソトープ協会
前の記事 次の記事
feedback
Top