RADIOISOTOPES
Online ISSN : 1884-4111
Print ISSN : 0033-8303
ISSN-L : 0033-8303
放射性ガスモニタの放射能直接測定に基づいた校正法
吉田 真呉 幼陽大井 義弘千田 徹
著者情報
ジャーナル フリー

1993 年 42 巻 8 号 p. 452-460

詳細
抄録

放射能の直接測定法に基づいた放射性ガスモニタの校正法を検討した。校正において長軸比例計数管内拡散法により放射能の標準を与えた。ガスモニタ中の放射性ガスの既知量を比例計数管に分取することにより放射性ガスの放射能濃度を決定した。放射性ガス中の酸素が計数効率を低下させるため, 校正における影響を実験的に評価した。その影響は大きくなく, 容易に補正することができた。また, 本方法により, 1.5lの有効体積を有する通気型電離箱について放射性ガス濃度と電離電流との関係を求めた結果, 他の報告ともよい一致が得られた。

著者関連情報
© 社団法人 日本アイソトープ協会
前の記事 次の記事
feedback
Top