RADIOISOTOPES
Online ISSN : 1884-4111
Print ISSN : 0033-8303
根粒非着生と根粒着生ダイズにおける13NO3-15NO3-を用いた硝酸吸収と移行の解析
佐藤 孝大竹 憲邦大山 卓爾石岡 典子渡辺 智長 明彦関根 俊明内田 博辻 淳憲松橋 信平伊藤 岳人久米 民和
著者情報
ジャーナル フリー

1999 年 48 巻 7 号 p. 450-458

詳細
抄録

ダイズにおける硝酸吸収と移行を調べるために, 同質遺伝子系統の根粒着生ダイズ (T202) と根粒非着生ダイズ (T201) を水耕栽培し, 13Nと15Nトレーサ実験を行った。TIARA AVFサイクロトロンで作製した13NO3-を水耕培地へ投与した。第一本葉における吸収された13Nの分布を, ポジトロンイメージング装置 (PETIS) とバイオイメージングアナライザ (BAS) を用いて観測した。
また, 別の実験では15NO3-を1時間供給し, 各器官の15N増加量を発光分光法により定量した。放射能活性の二次元画像の経時的変化を, PETISにより観測でき, 植物全体における13Nの分布をBASにより観察できた。しかし, 13Nの実験では定量的なデータを得るのは困難であった。安定同位体の15Nによる分析は, 各々の器官における標識窒素の割合や量の定量的解析に有効であった。15Nと13Nトレーサ実験のデータを組み合わせることにより, 植物における窒素の吸収と移行がより明確になると期待される。

著者関連情報
© 社団法人 日本アイソトープ協会
前の記事 次の記事
feedback
Top