RADIOISOTOPES
Online ISSN : 1884-4111
Print ISSN : 0033-8303
ISSN-L : 0033-8303
新潟地域における自然放射線レベル
―下越地域および佐渡島の自然放射線レベル―
殿内 重政米田 和広橋本 哲夫
著者情報
ジャーナル フリー

1999 年 48 巻 9 号 p. 567-576

詳細
抄録

新潟県内における自然放射線の分布状況を明らかにする目的で調査を行った。
今回は, 下越地区 (県北から県央部) および佐渡島についてin situ測定法等により空間線量率の測定を実施し, その分布状況を明らかにするとともに地面からの放射線は, ウラン系列, トリウム系列およびカリウム40による自然放射線の影響が大きいことがわかった。下越地区では, 新潟市から北部が南部より高い線量率であった。これは, 北部の地質は, 主として花崗岩またはそれに由来する堆積岩であるためである。また, 大部分の測定地点で成分別線量率は, 40K>Th系列>U系列の順であった。
さらに, 海岸砂の放射性核種濃度について測定したところ, 新潟市より北の砂の232Thおよび40Kが高い値であった。新潟市海岸で採取した黒色の砂は232Thおよび238U濃度が高い値であった。
また.地面からの自然放射線による年間線量当量も求めた。

著者関連情報
© 社団法人 日本アイソトープ協会
前の記事 次の記事
feedback
Top